クレジットカードはネット上のサービスで使うと便利

ふと気がつくと私は普段からクレジットカードのお世話になりっぱなしで、もしかしたら現金よりも大事なものになっているかもしれません。使い方はスマホのアプリ内課金や投資をするときのクイック入金などが多く、クレジットカードと聞いて一般的に思い浮かべる店舗での支払いというシチュエーションは今のところほとんどないです。どうしてこれらのサービスを利用するときにクレジットカードがいいのかといえば、やはり他と比べてスピーディさが抜群という一言に尽きます。私はせっかちな性格で一秒でも早くサービスを利用したいため、できるだけ目的までの過程を省きたいのです。そんなときにクレジットカードを使えば、さまざまな段階を丸ごと飛ばしてサービスの利用まですぐこぎつけるというのが、今一度意識してみると地味に優れた点なのです。

クレジットカードを止められてしまいました

この前クレジットカードで買い物しようとしたら、店員から「カード通らないですね……」と言われてしまいました。なんか調子悪いのかなと思ってたのだけど、そこで支払いが滞っていることに気付きました。先月の引き落とし分が口座の残高を上回っていたんですね。とりあえず手持ちのお金があったのでそれで支払ったのですが、一回支払いが遅れただけでこうも簡単にカードが止められるとは……。警告とかハガキか電話で来るかなと思っていたのですが、容赦なかったです。おまけにしばらくして届いた手紙には、来週あたりの指定期日まで先月の引き落とし分を振り込まないとカードを止めると書かれている始末で。カード会社ってなかなか厳しいものなんですね。

持ち歩く際のクレジットカードの場所

最近ではどんな買い物でもクレジットカードを利用するだけに、常にクレジットカードを携帯することにしています。それも財布にはあまり現金を入れることなく。しかし、夏場にはバッグも持たず、財布も持ち歩かないことがあるため、クレジットカードをどこに保管するかが非常に難しくなります。そこで債kン重宝しているのがスマートフォンのケースです。手帳型のスマートフォンケースを利用してそこにクレジットカードを差し込む形にしています。IC型の定期もセットで差し込んでおけばほとんどの生活はこれで賄うことが可能です。もちろん、スマートフォンをおとしてしまったらすべてが台無しなのでかなり注意が必要になってしまうわけですが。